【初心者向け】カメラと一緒に買っておきたいアクセサリー。絶対に必要なものは5つ

カメラ
スポンサーリンク

こんにちは、シューナ(@Shunajp)です。

本当に必要なアクセサリーは5つだけです。

カメラと一緒に揃えたい5つのアイテム

カメラは、ボディとレンズを買って終わりではありません。
その他にも細かいアイテムが必要になってきます。


しかしネットにはたくさんの情報が転がっており、時には上級者向けのアイテムまですすめられたりします。


なので今回は、

最低限これだけ買っておけば素敵なカメラライフを送れるよ!

というアイテムを5つ紹介します。

SDカード

これがないと写真を保存できません。一番大事です。

SanDisk(サンディスク)が最大手なので、迷ったときはSanDiskのSDカードを買っておけば大丈夫です。


ただし少し値段が高いので、金銭的に厳しい人はTranscend(トランセンド)のSDカードがおすすめ。

私も数枚持っていますが、今まで一度もトラブルはありません。


ちなみに、SDカードの容量は小さいモノを複数枚持つのが一番安全です。

(64GBが欲しい場合、32GBのSDカードを2枚、という感じ)

旅行先などで、1日目が終わったらSDカードも一緒に交換する、という風に使うとデータの管理もしやすいですし、もしカードが破損してしまっても他のカードに入っているデータは消えません。

大容量のカードを1枚だけで使うのは、かなりリスクを伴います。

ブロアー

ホコリや塵なんかをぶっ飛ばします。

カメラを使ったあとは、必ずこれでゴミを飛ばしてから保管します。


ゴミがついたまま布などで拭くと、レンズに傷がついてしまうので、まずはブロアーで飛ばしてください。

ハクバのレンズペン

めちゃくちゃ便利です。
カメラを買う際は、必ず1本買っておきましょう。


片方がセーム革+カーボン粉末、もう片方がブラシになっています。

指紋や汚れがついたレンズを、セーム革で円を描くように拭き取ります。
ブラシはブロアーの代わりにもなります。


メーカーは圧倒的にハクバがおすすめ。

レンズプロテクター

レンズは資産です。


物によってはボディより高いレンズもあるので、傷がつかないように保護します。

レンズプロテクターをつけた状態のレンズ

レンズプロテクターは、付けた状態でレンズキャップやレンズフードを装着できます。


もしレンズを落としてしまっても、レンズプロテクターの破損だけで済むケースもあるので、保険だと思って付けておきましょう。


購入するときは、レンズのフィルター径に注意してください。

ドライボックス

湿気から大切なカメラやレンズを守ってくれます。

カメラやレンズをそのまま部屋の隅に放置したりしていると、湿気でカビが発生します。


カビが発生してしまうと、

・取り除くのに高額な修理代がかかる
・写真にカビが写り込む
・売る際、査定に響く

と、いいことがひとつもありません。


カメラを使い終わったら必ずレンズペンやブロアーで汚れを取り除き、シリカゲル(乾燥剤)と一緒にドライボックスに入れて保管します。

カメラに最適な湿度をキープしてくれます。


9.5Lのボックスで、

・ボディ
・レンズ3本

程度入ります。

あると便利なアクセサリーは少しずつ集めていこう

今回紹介したアクセサリー以外にも、

・レリーズ
・予備バッテリー
・編集ソフト
・カメラバッグ

など、あると便利なものはたくさんあります。


ですが、一度にまとめて買い揃えるのは金銭的にも負担が大きいです。

あると便利なアイテムは、撮りたいものを撮りながら少しずつ集めていきましょう。

番外編:三脚

あると便利なものの中でも、一番手に取って欲しいのが三脚。


三脚を使ってシャッタースピードを変えることで、スマホでは撮れないカメラならではの写真が撮れます。


三脚もたくさん種類があって迷うのですが、撮りたいものが明確に決まっていなければこちらがおすすめ。

Manfrotto(マンフロット)のBefreeアドバンスです。


コンパクトで三脚の重さも約1.5kgと軽い部類に入るので、初心者の方でも扱いやすいです。


大きくて邪魔になりますが、三脚を使った撮影は本当に楽しいです。

紹介したアクセサリーまとめ

※押すと商品ページに飛びます。

Comment

タイトルとURLをコピーしました