プラハの移動は公共交通機関が便利!【乗車券の買い方・乗り方を解説】

チェコ
スポンサーリンク

こんにちは、シューナ(@Shunajp)です。

プラハ市内は公共交通機関での移動が超便利で簡単・お得だったので、乗車券の買い方や乗り方を解説していきます。
プラハへ行く人はぜひ参考にしてください。

プラハの基本情報

プラハ市内にはメトロ(地下鉄)、バス、トラム(路面電車)、タクシーなどの移動手段があります。


日本では距離に応じて運賃が変わりますが、プラハの公共交通機関は時間制で変わってきます。


なので、乗車券の時間が有効の間は何度でも乗ることができます。

15才以上6才~15才60才~70才
基本(90分)32 CZK16 CZK 16 CZK
短時間(30分)24 CZK 12 CZK 12 CZK
1日(24時間)110 CZK 55 CZK 55 CZK
3日(72時間)310 CZK


※0~6才、70才以上は無料です。
大きい荷物を持って乗る人は追加で16 CZK必要です。1日券・3日券を持っている人は、16 CZKが必要になる以下の物が1つ無料になります。

  • 25×45×70cm以上の手荷物
  • 子供が乗っていないベビーカー
  • 100×100×5cm以上の板状の荷物
  • 長さ150cm、直径20cm以上の棒状の荷物
  • 動物が入っている25×45×70cm以上のケース
  • スキー、スノーボード、ショッピングカート


25×45×70cmを超える場合はスーツケースも追加で16 CZK必要ですので、ほとんどの旅行者が当てはまるかと思います(券は5時間有効)


乗車券を買う手間などを考えると、1日券・3日券がおすすめです。

プラハの各種交通機関の運行時間は以下の通り。

メトロ(地下鉄)5:00-0:00
トラム(路面電車)24時間(路線による)
バス5:00-24:00
ケーブルカー9:00-23:30


トラムは路線によっては24時間運行です。

深夜に走っていない路線でも5:00-0:00の時間帯はたいてい走っているので、観光にとても便利です。

プラハでの乗車券の買い方

プラハのメトロホーム

プラハ市内で移動する際の、乗車券の買い方を解説します。

乗車券を売っているのは窓口と券売機

乗車券は、大きい駅の窓口や駅の黄色い券売機で買えます。


街中の駅の券売機は壊れていることがあったり、お札が使えないことがあります。


空港に到着したら窓口で買うか、空港設置の券売機で買っておきましょう。

プラハ空港のチケット窓口

Metro、Tram、Busの表記があります。

プラハ空港にある黄色い券売機

タッチパネルのない券売機もあります。これよりも少し長細いです。

券売機で乗車券を買う

タッチパネルで操作します。



言語は英語に変えられるので、イギリス国旗のボタンを押しましょう。


乗車券の種類が少ないので、自分が欲しい乗車券の金額を押すだけで大丈夫です。


最後に支払います。


タッチパネルのない券売機は、欲しい券の金額を押してからコインを入れます。

3日券

↑プラハの乗車券はとても簡単で、これ1枚でメトロ・バス・トラム・ケーブルカーすべてに乗車できます。

写真の乗車券は310CZKの券なので、約1500円で3日間乗り放題です。

乗り方も簡単。路線図PDFも貼っておきます

次に、プラハ市内の公共交通機関の乗り方を解説します。

簡単ですが、日本とは違う点が多いので気をつけてください。

乗車前の刻印は忘れずに

乗り物に乗る前に、必ず乗車券に刻印をします。

メトロの刻印機

メトロの刻印機は駅に入ると設置されています。

黄色い機械で乗車券に刻印をしてから通ります。

バスの刻印機

バスは中のドア付近に設置されているので、乗ったら最初に刻印しておきます。


乗車券は矢印の方向に入れます。

向きを間違えると刻印したことにはなりません。

刻印後のチケット

↑刻印すると右側の黄色いスペースに数字が入ります。


刻印していないと、乗車券を持っていても無賃乗車になります


乗り方も簡単ですが、罰金も簡単にとられます。気をつけてください。


1日券・3日券を持っている人は、一番最初に刻印しておけばその後は刻印不要です。


降りるときは、乗車券の種類関係なく全員そのまま出ます。

シューナ
シューナ

乗車券の回収や確認もありません。


チェコ語は聞き取れないので路線図を持って乗ると確実

メトロやトラムに乗っていると、アナウンスで

次は〇〇~


と教えてくれるのですが、チェコ語なのでほぼ聞き取れません。


が、車内のモニターを見れば次の停車駅が書いてあるので安心です。

バス車内

モニターはいくつかあるのですが、乗る位置や混雑状況によって見にくいことがあるので路線図を持っておくと心が落ち着きます。



<路線図PDF>




他にもいろいろな種類の路線図があるので、お好みの路線図を旅のお供にしてください。

下記URLから選べます↓

http://www.dpp.cz/en/transport-around-prague/transit-schematics/

プラハ観光でおすすめの乗車券は「3日券」

プラハの火薬塔

「数日間の短期旅行でプラハ市内を観光」というような方には、断然1日券・3日券がおすすめです。


乗車券の時間が切れるまでに目的地に到着するかわからない!!

刻印せずにメトロに乗ってしまった・・・



などの心配もなく、好きなときに乗って好きなときに降りることができます。


余計な心配事が減るだけで、ゆっくり楽しく観光できますよね。


プラハの乗り物のシステムは日本より単純でわかりやすいので、ぜひ一度利用してみてください。


空港から市内へのアクセスは別の記事に書いてます↓




余談ですが、メトロのエスカレーターめちゃくちゃ長いです・・・

メトロから地上に繋がるエレベーター

タイトルとURLをコピーしました