【プラハが嫌いになる前に】プラハ旅行で知っておいた方がいいこと【本音】

チェコ
スポンサーリンク

こんにちは、シューナ(@Shunajp)です。


先日チェコのプラハへ旅行に行きました。

とても素晴らしい国でしたが、嫌だなぁと感じたこともいくつかあったので書いていこうと思います。

プラハ市内のタバコの煙

喫煙者が多いチェコ


日本と比べて圧倒的に喫煙者が多いです。

男女関係なくです。


2017年からすべての飲食施設で禁煙になったらしいのですが、

絶対ウソやろ・・・


ってレベル。


2017年以前はもう煙で前見えなかったんじゃないでしょうか・・・


飲食店のテラス席で吸う人も多いのですが、プラハは街中テラス席だらけなので、道を歩いているだけで煙を浴びます。


動物園の中でも吸います。


中学生くらいの子が、タバコ片手に彼女とチュッチュしながら動物見てて衝撃でした。


間違いなく寿命5年ほど縮みましたね・・・

プラハの街はまぁまぁ綺麗


喫煙者が多い=ポイ捨てが多い=街が汚い、と思いがちですが、意外とそんなことはなかったです。

ポイ捨てしてる人はいましたが。


なんなら日本の道のほうが汚いです。

↑ヴァーツラフ広場なんですが、一定の間隔でゴミ箱が設置されています。
(ここにタバコ捨てていいんですかね?)


ゴミを捨てたいと思ったときにすぐ捨てられるので、綺麗な街を保てているのかもしれません。


タバコの煙が苦手な人は少し気分が悪くなりますが、観光名所には外国から来ている人が多いからか、煙が気になることはありませんでした。

プラハの接客、強気すぎ

※画像はイメージです

プラハと日本を比べてはいけない


これは日本から出ると必ず直面する問題ですが、海外の接客は怖いです。



私なにかしましたか?って思います。

圧がすごいです。必要であれば逆ギレもします



マクドナルドで

スマイルください

なんて言ったら確実に殴られます。無視されます。


なのでたまにめちゃくちゃフレンドリーで、ニコニコ笑顔の店員さんがいると嬉しくなっちゃいます。

チップも弾みます。(ちょろい)


満足いく接客だったな、気持ちよくサービスを受けれたな、と思ったら多めにチップを渡すくらいの感覚でいいと思います

チェコのチップは「お会計の際にお釣りを受け取らない」という形で支払います。

だいたい合計金額の10%ほど。

海外では店員と客は対等な関係である


日本にいると「お客様は神様」なんて言葉をよく聞きますが、海外でこんなことを言うと「何言ってんだこいつ」となります。


お金を払う側もサービスを提供する側も、平等でなくてはならないという考えです。


会計時のニコニコ笑顔もないし、購入品を持って店の外までお見送りしてくれるあのサービスもないし、レジに商品を持って行っているのに店員同士でペチャクチャお喋りなんて普通にあります。


「郷に入っては郷に従え」という言葉があるように、海外では彼らのペースに合わせましょう。

↑このなんの変哲もない朝食は、すごく感じの良いお姉さんに客引きされて、まんまと引かれた結果です。



カチカチのパンにカチカチのバターを塗ったカチカチモーニングだったんですが、気持ちよく食べれました。


それくらい笑顔に飢えてました・・・


とはいえ、日本では過剰にサービスをしすぎた結果、ちょっとしたことですぐに怒るクレーマーのような人が増え続けているのが現状です。


過剰すぎるのも問題なのかも・・・

プラハの人たち、視線が痛い

アジア人に対する視線


これが一番つらかった・・・


なぜかめっちゃ見られます。

恐らく差別的な視線です。


チェコだけではなく、ヨーロッパ諸国でこういった文化は残っていると思います。


もちろん、そういう目で見ないヨーロッパ人もいるのは確かです。


最初は、プラハでまったくアジア人を見なかったので「アジア人が珍しいのかな」なんて思っていたんですが、多分違いますね・・・


明らかに白人と違うサービスを受けることもあります。


変なことしてないかな、イライラさせてないかな、「これだからアジア人は」なんて思われてないかな、なんてことをすっごく気にしました。


気疲れしました・・・

多分あまり気にしない方がいい


私は他人の目をすごく気にしてしまう性格で、言いたいこともなかなか言えないし、迷惑かからないようにってことを最優先に考えて行動しがちです。


言いたいことも言えないこんな世の中じゃPOISON状態の人間です。


でもせっかくの海外旅行なので、これから行く人は他人の目なんて気にしないで思いっきり楽しんでほしいです。

(マナーはしっかり守ってね)

行ってしまえばどの国も結局楽しい


完璧な国なんてないですが、世界のどこかには自分のスタイルに合った素敵な国があるんじゃないかと信じ続けています。


ちなみにチェコは犬をとても大切にする国で、至る所で犬同伴OKです。


動物園、メトロ、バス、ホテルなど、日本ではありえない場所でも同伴可能です。


しかもみんなめちゃくちゃいい子にしてます。



私は大の犬好きなので幸せでしたが、犬が苦手な人はこれも嫌な点になると思います。


以上、今回は嫌だったことを書きましたが、良かったことはこれ以上に多いですよ!

良ければこちらも見てください↓


行ってよかったなぁ。

Comment

タイトルとURLをコピーしました