今までありがとう、PENTAX。【一眼レフ売りました】

カメラ
スポンサーリンク

こんにちは、シューナ(@Shunajp)です。

ついに、長年連れ添ったカメラとお別れしました。

人生の大きなイベントではいつもお世話になっていました。

5年使い続けた一眼レフを手放した

以前、こんな記事を書きました。

一眼レフを手放すかどうか悩んでいる話【趣味:カメラは辞めない】


あれから約1週間、売ってしまいました。


気付けば、彼と一緒に過ごした時間は5年を超えていました。


少し思い出に浸らせてください・・・

一眼レフと過ごした日々を振り返る

私の元相棒はPENTAXのK-S2。

今からちょうど5年前の11月、バイト代を握りしめて、ヨドバシカメラへ行きました。


一眼レフが欲しい!

と思った原因がなんだったのか、まったく覚えてません。


きっと人は大人になると、自然と一眼レフを買ってしまうものなんでしょう。(絶対違う)

初めての一眼レフ、PENTAX K-S2

自分で言うのもアレですが、一眼レフメーカーの中でPENTAXを選ぶユーザーは変態です。


普通の人間はCanonやNikonにいきます。


PENTAXはその枠から外れた、変態の行き着く場所です。
(PENTAXユーザーの皆様ごめんなさい)



そんな向かい風の中、私がPENTAX K-S2を選んだ理由は、

  • 防塵防滴
  • バリアングル液晶モニター
  • 軽い(本体:618g)
  • コンパクト
  • 視野率100%

と、エントリー機なのに欲しい機能が盛り盛りだったこと。


これしかない!と、一目惚れして購入しました。

K-S2のデビュー戦

K-S2を買ってすぐ、ちょっと絵になる場所へ行きたかったので、足を延ばして嵐山へ。


一眼レフデビューを一緒になって喜んでくれていた妹と供に。

どこにピントが合ってるのか、私にもわかりません。


昔の写真を見返してみるとほぼピントが行方不明で酷いのですが、当時は家族みんなが「綺麗だねぇ」と喜んでくれていました。


あのときに誰か1人でも

ゴミのようなピントやな

と言っていたら、きっともっと早く一眼レフを手放していたと思います。


家族には感謝です・・・

K-S2との思い出いっぱい

購入して初めての年明け、富士山を撮りに行きました。

三脚を構えた人たちに混じって、撮影してきました。

よくわかってないので、もちろん当時の私は手持ち撮影でした。

初めての花火撮影にもチャレンジ。

風が強い中、橋の上から撮ったので、花火の軌道が少しブレてます。

(これは三脚使用)


一眼レフがあれば、わざわざ人混みの会場へ行かなくても、綺麗な花火をとらえることができます。



そして、初めてK-S2を持って行った海外旅行。

ドバイに行きました。


海岸が綺麗で、日が暮れるまで撮影してました。



他にも、大好きなセカオワのライブにも一緒に参戦。

セカオワライブは撮影OKなので、一眼レフを構えているファンがたくさんいます。

2階席でもこの近さで撮れます。


そして・・・大好きな飛行機。

慣熟飛行で関空に来ていたフライングホヌ。

APS-C機は遠くの被写体に有利なので、飛行機は得意です。

(ただしPENTAXなので、AFは苦手・・)



その他にも、兄の結婚式に持ち出したり、USJにも一緒に行ったり。


振り返ってみると、本当にたくさんの場所に連れて行きました。


君との思い出は一生忘れない。

PENTAX K-S2というカメラ

本当に初心者に優しいカメラでした。

そして強い。


5年間使ってきましたが、ボディは1度も修理に出していません。


修理といえば、買ったばかりのレンズを少し高い場所から落としてしまい、使えなくなったことがあります。


すぐにリコーさん(PENTAXの会社)に送ったところ、無償で修理をして送り返してくれました。


サポートも素晴らしいです。


私はPENTAXが大好きだし、PENTAXユーザーも大好きです。


カメラ売り場に行くと、超満員でなかなか希望のカメラに触れないSONYコーナーとは真逆で、ガラガラのPENTAXコーナー。


そういうところも含めて、愛おしい存在でした。


たくさんの思い出をありがとう。

新しいオーナーの元でも元気でな。




※追記:その後再びカメラを買いました。


現在のメイン機はこちら

【α7Ⅲ】買いました。PENTAXからSONYへ・・・


サブ機はコンデジです

【作例あり】今更ながらRX100M3を旅行用に買いました【レビュー】

Comment

タイトルとURLをコピーしました