シンガポールで7時間!トランジットで観光しながらプラハ~関空へ帰国した体験記

シンガポール
スポンサーリンク

どうも、トランジット大好き人間です。
乗継便は直行便よりも旅っぽくて楽しいです。

プラハから帰国します

私はトランジットが好き過ぎてどこへ行くにも乗継便を選びがちなのですが、今回もあえて長い時間待たなければいけない便を組み合わせてトランジットを楽しんで来ました。


ルート

プラハ(PRG)→ドイツ(FRA)→シンガポール(SIN)→関空(KIX)

行きと同じくシンガポール航空です。




行き(関空~プラハ)の記事はこちら↓

プラハ~ドイツ

まずはプラハからドイツへ向かいます。

その後、シンガポールで7時間のトランジットです。

早朝のプラハ空港

朝6:00発のルフトハンザ航空でプラハからドイツへ飛びます。


オンラインチェックインは謎のエラー、空港のキオスクはなぜか使えなかったので4:00にチェックインカウンターに行きます。

赤い機械がキオスク@プラハ空港



ドイツまではルフトハンザなので、ルフトハンザ航空のカウンターへ

早朝にも関わらず結構混んでいる
受け取った搭乗券は3枚

シンガポール航空ですが、搭乗券に「シンガポール」の文字はありません。



帰りだけで3回飛行機に乗るので、3枚まとめて券を受け取ります。

トランジットで1泊する人は、手荷物にパンツを入れておきましょう。




手荷物検査後、小銭がたくさん残っていたので、入ってすぐのCOSTA COFFEEでパンを買います。


軽い気持ちでサンドイッチを握りしめて店の列に並んだら、40分ほど待ちました・・・

めちゃくちゃ並ぶので注意です。



行き同様、気付いたら離陸してドイツに着いてました。

一瞬です。

雨のフランクフルトで5時間のトランジット

約1時間でドイツのフランクフルトに着きます。

雨が降るフランクフルト

ここでの乗継時間は5時間。


市内に行って軽く観光する予定でしたが、あいにくの雨なので空港にこもります。


乗継先ではあまりお金を使わないと思うので、クレジットカードで支払いするのがおすすめ。
両替してたら手数料がもったいないです。

機械との相性が悪くてカードが使えないこともあるので、何枚か持っておくと安心です。



プラハで発券してもらった航空券にはゲートが書いてなかったので、空港に設置されてるinfokioskで券のバーコードを読み取ります。



大きくiの字が書いてあって、他の人も利用しているのですぐにわかります。


私はB46ゲートだったので、まずはひたすらBを目指して進みます。

頭上の「B」を頼りに進んでいく

広い&手荷物検査でめちゃくちゃ待つので、お土産を物色しながらさっさと向かいます。


Bゲートを目指して写真を撮りながら歩いていると、俺を撮ってくれと言われます。

@フランクフルト空港

撮ります。


一応モザイクかけときますね・・・

ちなみにめっちゃ笑顔です。


お腹が空いたので、マクドナルドを食べます。

Mサイズのセット×2人前

だいたい海外のMサイズは日本のLサイズです。


普段日本ではマクドナルド利用しないんですが、海外のは美味しいので空港で食べるようにしてます。


ポテトを食べながら飛行機を見ていたら5時間経ってました。

飛びます。

エアバスA380の1階席狭すぎ問題

先に言っちゃいますね、狭い!!




狭いよエアバスさん!!!


行きはエアバスA380の2階席だったんですが、同じ金額の座席とは思えないほど快適でした。


2階席に座れないのであれば、わざわざA380という機種を選ぶメリットはないですね・・・



A380の2階席レビューも書いてる記事はこちらから↓



エアバスA380でドイツ→シンガポールに向かいます(約12時間半)

1回目の機内食

魚だったと思います。


乗る前にマクドナルドを食べたので結構きつかったです。

1回目機内食のデザート

美味しそうでしょ?


2口食べてそっと蓋閉じました。



ぐっすり寝て、到着の2時間前くらいに2回目の機内食です↓

2回目の機内食

美味しいけど、全部はいらんっていう味。


寝起きには脂っこいです。

チャンギ空港で入国審査をします

シンガポールに到着!!

シンガポールでトランジットを過ごす

シンガポールはMRTが快適で、治安も良く、お金をそんなに使わなくても楽しく観光できる場所がたくさんあるので、トランジットで過ごすには最適の国です。

とりあえずマーライオン

次の便まで7時間あるので、入国審査をして空港を出ます。

シンガポールにいる友達と合流をし、みんなでマーライオンに行きます。

黄色い柵が邪魔でした

ぼっちの人は手で水を受け止めるのがおすすめです。

観光客で賑わうマーライオン
マーライオン側から見たマリーナベイサンズ

曇ってるわけではなく、大気汚染です。


気管やられたりするくらいひどい日もあって、そういう日は早めにマスク買わないと売り切れて手に入らないらしい。


軽くお茶をして、予定が詰まってる友達とはここで解散。


MRT(地下鉄)でオーチャードへ向かいます。

MRTのカード

このペラペラカードにお金をチャージします


難しそうに見えますが、正直日本で普通に電車乗れてる人はどこに行ってもイージーです。



日本の電車は複雑で人が多すぎるので。

朝9:30のMRT車内
オーチャード通り

大気汚染でもやもや~~~!


時間もそんなにないし、お店も全然開いてないので軽く歩いて終わり。

時間がない人はチャンギ空港で時間潰せる

市内へ行かなくても、空港でも楽しめます。

JEWELまでの連絡通路入口

こちらの「JEWEL」は、2019年4月にオープンした大型複合施設らしいです。



ターミナル3から向かいました。

ずっと動く歩道が続いてます

結構歩くんですが、永遠に動く歩道があるので疲れません。



10分ほど歩いた気がする・・・

JEWEL外観

↑見たことない人でも、


絶対あれじゃん!!

お前そんな姿してるの!!


ってなるのですぐわかります。



到着!

JEWEL内の滝

・・・シンガポールすごくない?


徒歩10分の距離分の動く歩道完備なのも、屋内にこのレベルの滝作っちゃうのも。


さらに、

  • 動く歩道はターミナル2とJEWELを繋ぐ通路にも完備
  • ターミナル間の移動はスカイトレイン完備(もちろん無料)
  • ターミナル2と3を結ぶスカイトレインは滝の目の前を通る


この力の入れよう。




私は初めての海外旅行がここシンガポールで、当時もすごく感動した記憶があるんですが、あれから何度か来てるのにまだシンガポールには驚かされますね。


治安も良くて雰囲気もいい国なのでおすすめです。


時間がないので滝だけ見て帰ります。

@チャンギ空港

とにかく広いです。

USBポート付いてる椅子があるので充電しながら待てます。

ボーイング787で帰国

シンガポール→関空まではB787です。


大好きなドリームライナーです・・・(ニンマリ


めちゃくちゃ広いんですこの飛行機!

B787の窓側座席

広さがいまいち伝わらない・・・

B787のタッチスクリーン

タッチスクリーンもいいやつです。


公開して間もないトイストーリー4も見れました。

(行きの別機材では見れなかった)


さらに、もう窓のシェードもなくしちゃってます。

B787の窓

下のボタンで窓の暗さを変更できる電子カーテンです。


近未来すぎ


このまま家の窓も全部電子カーテンになって、引っ越すたびに窓の長さ測ってカーテン買いに行って

え!この長さだとオーダーメイドしかないんですか!?


っていうやり取りがこの世からいち早くなくなってほしい。

この旅最後の機内食

最後の機内食はハヤシライス。


一番美味しかった。

日本行きの飛行機は間違いなく機内食が美味しいです。

デザート

(写真はあるけど食べた記憶がない)


約6時間半のフライトなので、一瞬で日本に着きました。

まとめ:シンガポールはやっぱり最高

海外に行く際は


・値段が安い時期
・乗りたい機種
・乗りたい航空会社


この3点で国を決定します。(変態です)


おすすめは「わざわざ何日も行って観光したい国ではない」くらいの場所をトランジットで過ごすという方法。


今回の場合、私はすでに何度かシンガポールに行ってるので「ゆっくり観光したいわけではないけど、久しぶりに行きたいなぁ」くらいの感覚でした。


もちろん行ったことのない国でもいいです。


気に入ればまた行けばいいですし。


個人的にシンガポール航空はサービス良くて好きです。


男性のCAさん多めなんですが、これがまた物腰柔らかくて素敵なんですよね~


乗りたい航空会社いっぱいあるのに、結局いつもシンガポール航空を選んでしまいます。


シンガポール航空、最高です。


シンガポール航空はいいぞ・・・
シンガポール航空に乗るんだ・・・

Comment

タイトルとURLをコピーしました