アイスランドのアウトドアブランド「66°North」で可愛いリュックを手に入れた

アイスランド
スポンサーリンク

アイスランド発のアウトドアブランド「66°North」

「66°North」とは、アイスランドで誕生したアウトドアブランドです。

名前の由来は北極圏を指す北緯66度からきており、アイスランドの天候にも耐えられるウェアや帽子などが販売されています。


日本では「THE NORTH FACE」や「mont-bell」といったアウトドアブランドが有名で、「66°North」はあまり馴染みがありません。

しかし、アイスランドではこの「66°North」を着用している人をとても多く見かけるほど、大人気のブランドなのです。


購入できる場所は、アイスランド内にいくつかあります。

日本からも通販で購入することができますが、やはり現地のお店に比べると品数が少ないです。

ケプラヴィーク空港内の「66°North」免税店

空港のセキュリティ通過後、免税店が立ち並ぶショッピングエリアに「66°North」があります。

空港のショッピングエリア

店内は広々としています。試着も可能。

店内のメンズ売り場。左側にはレディースもある

一番アクセスしやすい場所で、今回私が利用したのもこの店舗です。

66°Northのリュックがコンパクトで可愛い

ここ「66°North」でなにかアイスランド旅行の記念になる物を買う予定だった私が見つけたのが、リュック。

ディスプレイがオシャレ

店頭にも積み上げられています。


大きすぎず、デザインも控えめで気に入ったのでこれに決定。

66°Northのリュック(黒)

日本円で約11,000円ほど。

内ポケットが一切ないので少し使いにくいかな?という感じですが、可愛いので許します。



本当は渡航前から66°Northの定番商品である「Snaefell Jacket(スナエフェルジャケット)」を買うつもりでいたんですが、実際に袖を通してみると着心地が微妙だったので断念・・・

実店舗だと、そういったことも試せるのがいいですね。

66°Northはお土産にもおすすめ

種類豊富なニット帽

ニット帽は約4,000円ほど。

市内の店舗で購入したTシャツ

Tシャツは5,000~6,000円くらい。店舗によって置いてあるデザインが異なるので、お気に入りがあればその場で買うことをおすすめします。


他にもポーチやキーホルダー、手袋などの小物類から少し高価なアウターまで、品揃え豊富です。


また、空港にある免税店以外にも店舗はあります。

レイキャビク市内の66°North

アクセスしやすい首都レイキャビク市内にある店舗です。
少し小さいお店ですが、綺麗に商品が陳列されており、店員の方もとても親切でした。


商品購入時にレジで免税の申請用紙を受け取り、空港の窓口に提出します。

空港の窓口。開くのは少し遅い。


アイスランドは税が高いので、忘れずに申請しましょう。


66°Northはアウトレット店舗もある

結構お値段が高い66°Northですが、正規の値段よりも安く手に入るアウトレットもあります。

物によってはかなり安くなっている商品もあるので、ここでお気に入りのウェアを探してみるのも良さそうです。
(アウトレットではない、正規店も併設されています。)

ショップがたくさん立ち並ぶエリア

ただし、この店舗は首都レイキャビクから離れており、アクセスしにくい場所にあります。
移動はレンタカーかタクシーをおすすめします。



日本ではなかなか購入できないブランドなので、アイスランドに行った際はぜひお気に入りのアイテムを探してみてください。


Comment

タイトルとURLをコピーしました