【台湾】人混みだらけでとにかく疲れる台湾観光【感想】

台湾
スポンサーリンク

こんにちは、シューナ(@Shunajp)です。

台湾旅行は楽しかったんですが、想像を超える過酷さでした。

いくつか疲れる観光地を紹介します。

台湾旅行の手配などに関してはこちらの記事に書いてます

台北101の展望台、待ち時間長すぎる

台北101という有名な建物があるんですが、


この上~のほうに展望台があります。


日本円で1人2,000円ちょっとの券を買います。


大行列です。

30分くらい並びます・・・



入場制限かかってるので、券を買ってもすぐ入れません。


入れるようになってからもぞろぞろ大行列のまま進み、手荷物検査をしたり、エレベーターを待ったり。



券を買う~展望台到着まで約1時間です。



ちなみに、展望台を降りる際もエレベーター待ちで並びます。


(景色も別に普通です)


インスタ映えを狙ってる人や、台北市内を高いところから見たい!って人は、台北101のスターバックスがおすすめです。

(完全予約制)


展望台の券より安くで飲食ができ、台北101の35階からの景色をゆっくり眺められます。


私は予約してないので行ってないですが、展望台よりスタバにしておけばよかったです。


ぶっちゃけ、値段と待ち時間が景色に見合ってなかったです。

台湾の足つぼマッサージ師、暇な人が来る説

完全に説なので詳しいことはワカリマセン。


台湾の足つぼは安くて有名ですが、店に入っても店員が少ないことがあります。



客の人数の方が多いときは、店員が電話で人を呼びます。


すると数分後、めっちゃそこら辺歩いてるような兄ちゃんが来ます。


朝早い時間だと、今起きたでしょってくらい目パンパンで寝癖だらけの人も来ます。


(電話で呼ばれて来た人は、なんとなく痛いだけであまり上手くない人が多い気がします・・・)


複数の足つぼ店に行ったんですが、あなた絶対プロですよねってレベルで上手い人もいたので、運要素強めです。



店員同士、中国語でベラベラ喋りながら片手間感覚でマッサージしてる店もあるので、ハズレ引くとかなりしんどいです。

(↑この人は真面目でいい人でした)



基本的に台湾の足つぼ店はフリーWiFi、お茶とお菓子のサービスなどがあって60分3,000円しないくらいです。

(衛生面も気になるので、比較的に綺麗で明るい店を選んで入ってました)



日本より安いのかもしれませんが、その分妥協しなければならない要素もある印象でした。

台湾のB級グルメ「阿宗麺線」暑すぎて記憶ない

台湾に来たら絶対食べたいB級グルメで有名です。

人だかりができているのでわかりやすいです。

店内でオーダー→受け取り→店の外で立ち食い、のスタイルです。



さっそく買ったんですが、


台湾ただでさえ暑いのに、熱々の麺を道端で食べるのきっつぅ・・・


日陰は麺食べてる人の取り合いです。

日陰で食べても正直しんどいです。



夏に台湾行って食べようとしてる人は要注意です。

人混みの中ランタンを飛ばす

台湾の十份という場所でランタンを飛ばすの、有名ですよね。


行きました。


あれだけ有名なのに、電車は1時間に1本です。なんでやねん・・・


もちろん、すごい人です。


満員電車です。


この量の人が一斉にランタンを飛ばしに行きます(ここはランタンぐらいしかない)

1時間に1本しか電車が通らないので、線路でランタン飛ばします。


この写真の反対側でランタン売ったり、ランタンに字を書いたりしてます。


ランタンを飛ばすところまでたどり着ければいいんですが、ランタンを買うだけでかなり疲れます。


人混みの中で希望の色のランタンを買い、買ったランタンに字を書く必要があります。


表現しにくいですが、人多すぎてとにかくカオスです。

ランタンを飛ばすだけなら1時間で足りるので、次の電車でさっさと帰ります。

階段だらけの九份(若くてもキツイ)

九份は千と千尋の神隠しで有名です(実際は関係ありません)


せっかく台湾に来たからには絶対行きたい!と思ったのでもちろん行きます。


台北市内から1時間半~2時間かかります。

THE☆人混み


道幅は大人が2人並んだらオワリ


道はほぼ階段なので踏み外したらオワリ



しかも階段は1段1段が高いし、特に整備もされてないガタガタの道だし、まるで修行。



行く前は、

ゆっくり食べ歩きしながらお土産見て、夕方くらいにお茶屋さんに入って、よく見る有名な夜の景色を撮影するぞ(ワクワク


なんて夢見てましたが、現実は

・食べ歩けない
・道わからん
・階段に注意しすぎて周り見れない

です。

暑い中、この人混みをずっと歩き続けます。

(しかも赤提灯が見える雰囲気ある道は一部のみ)


休みたくても、自分がどこ歩いてるか不明なのでお茶屋さんがどこかわかりません。


見つけても行列で長時間入れません。




20代の私ですら体力の限界を感じたので、高齢者には確実に無理です。



雨が降ったら人混みで傘すらさせないので、さらに過酷です。

春水堂の店内でタピオカが飲みたいだけなのに

九份で疲れ切ったので、ゆっくりタピオカミルクティーを飲みに行きます。

日本では全然飲まないので、とりあえず有名な店に来ました。


飲み歩いてもよかったんですが、とにかく外が暑すぎるので店内で涼みながらゆっくり飲むことに。


閉店まであと30分、みたいなときに滑り込みイン。


これがラストオーダーだよ、と言われたので注文して待ちます。

待ちます・・・



待ち・・・ます・・・



ソワソワする店員。


帰り出す周りのお客さん。

あ、あの・・・持ち帰りでもいいですよ・・・


と言った瞬間

スッ


秒で出てきた。

外で飲んだ。



ここでライフはゼロになりました。

ご飯は本当に美味しい


九份の階段を歩いてるとき、


もう!!


二度と!!!!


来るもんか!!!!!


と思っていました。


単純に人混みが嫌いなんですが、少し夢を見過ぎていた気もします。



有名な観光地は個人的にはもう行きたくないですが、台北市内で食べたご飯はとても美味しかったです。

(店は汚いしハエも飛んでたけど)



日数の都合で行けなかった店もたくさんあるので、次に台湾へ行くときは「美味しいご飯を探す旅」をしたいと思います。



「疲れを取るために週末に台湾へ行ってのんびりランタンを飛ばしたい」と思っている人は、ただの修行なので気をつけてください。


修行すらも楽しめる方にはとても最高の国です。

Comment

タイトルとURLをコピーしました